AGA治療薬

AGA治療薬

AGA治療薬ってどんな薬?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬とはどんなお薬でしょう。医薬品AGA治療薬の成分・服用方法・副作用を細かくまとめていきます。

AGAとは

AGAとは男性型脱毛症のことで、生え際と頭頂部が薄毛になっているのが特徴です。

AGAの原因はジヒドロテストステロンという物質で、この濃度が高いと成長期の髪の毛が太く丈夫になる前に抜けてしまいます。

短くて細い髪の毛しか残らないので、全体的にボリュームがないように見えて薄毛が目立ちます。

側頭部はジヒドロテストステロンの影響を受けにくい場所なので、抜け毛が少ないです。

AGAは自然に改善するものではありません。現在日本では1万2000人ほどが該当しており、ケアをしているのは600万人しかいません。

およそ800万人は抜け毛が増えたことに気づき髪の毛の状態が気になっています。

太い髪の毛がないだけでうぶ毛は生えており、髪の毛を生成するのに必要な毛包はあるので対策すれば再び健康な髪の毛が生える可能性があります。

ドラッグストアにある育毛剤でも何らかの効果を得ることはできますが、進行を食い止めて発毛を促進するには専門の病院に行くのが効果的です。

病院では内服薬と外用薬を組み合わせたり、独自の治療法を用いたりして効率良くAGA対策を行います。ただしAGAの治療は保険が適用されないので、長期間通院できるだけの費用が必要です。

AGA治療薬とは

薄毛の原因は、食生活やストレスなどさまざまありますが、男性で一番多い原因としては、男性ホルモンの影響で発毛サイクルと言う髪の毛の成長周期が阻害され、髪の毛が育ちにくくなってしまうAGA(男性型脱毛症)が多いです。

加齢と共に抜け毛が増えていき、頭皮の地肌が見えるようになったり、まったく髪の毛が育たない状態になってしまいます。

AGA(男性型脱毛症)は、病院や発毛専門クリニックで治療を受けることができ、その方法は治療薬の内服を継続することとなります。

髪の毛が抜けることを防ぐプロペシアと、髪の毛の成長を促すミノキシジルという成分が入った薬の2種類の薬を飲むことによって抜け毛が減り、薄毛が徐々に改善されていきます。

副作用について

一部の人には副作用の報告もあります。主なものは肝機能障害や低血圧、冷え性、動悸、ED(勃起不全)などです。

薬による副作用が出た場合は、服用を中止することで徐々に改善されていきます。

薄毛治療と健康を天秤にかければ、健康をとる方が多いと思いますし、体調不良を起こしてまで薄毛治療を行う人は少ないでしょう。

自己責任の部分が多いAGA(男性型脱毛症)治療は、本人以外の家族や大切な人を思いながら検討するべきだと思います。

AGA治療薬の代表格

こちらのページでは、プロペシアとフィンペシアについてご紹介しています。それぞれ違った効果や副作用を持ったAGA治療薬になるので、特徴を理解して自分に合ったお薬を選ぶようにしましょう。

・プロペシア(一番メジャーな医薬品。病院でも処方されているので安心)についてはこちら

・フィンペシア(プロペシアのジェネリック。同等の効き目で半値以下)についてはこちら

AGA治療薬の代表格

関連記事

  1. フィンペシア

    AGA治療薬

    フィンペシア(finpecia)1mgの成分・服用方法・副作用

    AGA治療薬のプロペシアのジェネリック医薬品のフィンペシア(finpe…

  2. リアップ

    AGA治療薬

    AGA治療薬リアップの通販購入の成分・使用方法・副作用

    AGA治療薬のリアップの成分・使用方法・副作用を細かくまとめていきます…

  3. プロペシア

    AGA治療薬

    プロペシア(propecia)1mgの成分・服用方法・副作用

    最も有名な医薬品AGA治療薬のプロペシア(propecia)1mgの成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. バイアグラ

    ED改善治療薬

    バイアグラ(viagra)50mg/100mgの成分・服用方法・副作用
  2. ゼニカル

    ダイエット医薬品・ダイエットサプリ

    飲むだけで油ものを食べなかった事にしてくれるゼニカル
  3. 中用量ピルについて

    避妊薬

    中用量ピルについての成分・服用方法・副作用
  4. リアップ

    AGA治療薬

    AGA治療薬リアップの通販購入の成分・使用方法・副作用
  5. ED治療薬とは

    ED改善治療薬

    ED治療薬とは
PAGE TOP