ディオバン

血圧薬

高血圧薬ディオバン錠40mg/80mg/160mgの成分・服用方法・副作用

高血圧薬ディオバン錠40mg/80mg/160mgについて成分・服用方法・副作用を細かくまとめていきます。

高血圧とは

通常、わたしたちの血圧は日常のちょっとした動作や変化(体を動かす、寒さを感じるなど)で上昇します。こうした一時的な血圧の上昇は「高血圧」とはいいません。
高血圧とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。

高血圧になると血管に常に負担がかかります。

その為、血管の柔軟性がなくなって固くなったり、内壁が傷ついたり、動脈硬化を起こしやすくなります。

<高血圧からなる病気>

高血圧を放置すると、動脈硬化を促進し、重大な病気に繋がります。

主には以下の様な病気になると言われています。

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、心筋梗塞、狭心症、腎臓病など

高血圧は痛みなどの症状がなく、放置してしまいがちな病気ですが、健康診断や家庭用の血圧測定器によって判断できます。

「自分が高血圧だ」と自覚しやすい病気である為、早めの病院の受診が大切です。

高血圧にはディオバン

ディオバン錠は血圧を下げるお薬で、高血圧症の治療に使用されています。

効果

体内で血圧をあげる成分「アンジオテンシンⅡ」をおさえる作用があり、血管の拡張、水分や電解質が調整されて血圧を下げます。

心臓病(心不全)や腎臓病(腎硬化症、糖尿病性腎症)などにも有効です。

またこれから起こるかもしれない脳卒中、心臓病、腎臓病の予防にもなります。

成分

バルサルタン

ディオバン

副作用・注意点

<副作用>

主に初期症状に見られるのは

めまい、たちくらみ、頭痛、動悸、吐き気、腹痛、腎機能の一過性の悪化、肝機能値の異常、咳、発疹、かゆみなど

<注意点>

・妊娠中は使用できません。中期以降に飲み続けると、胎児に影響を及ぼす場合があります。

・虚血性の腎臓病、高カリウム血症のある人

飲み方

ディオバン40~80mgを1日1回服用する。

年齢・症状によって160mgまでの増量が可能。

ジェネリック

ディオバンのジェネリックはヴァルザール(valzaar)40mg/80mgというお薬です。

ヴァルザール

口コミ

40を過ぎてから、血圧が高めだった為、血圧を下げる為に飲みました。

しっかりとさがりました。

上が175下が105くらいでしたが、毎日ディオバン80mgを飲んでいたら、平均値(上132下82)まで下がりました。

あのまま放置していたら、上は200近くなっていて脳梗塞になっていたかもと思ったら恐いです。

わたしはタバコも吸うし、お酒も好きでしたが、健康診断ではいつも何もひっかからず、今まで気にせず生活していました。

しかし、35歳を過ぎて、健康診断でとうとう血圧とコレステロールがひっかかかってしまいました。

そういえば、わたしの父や母も血圧が高く、高血圧の薬を飲んでいました。

半分は遺伝みたいですね。

放っておくと、脳梗塞とはいろいろな病気になるらしいので。。。

それ以来ディオバンを飲むのと、ウォーキングと減塩生活を心がけています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. バイアグラ

    ED改善治療薬

    バイアグラ(viagra)50mg/100mgの成分・服用方法・副作用
  2. ルミガン

    まつ毛美容液・まつ毛育毛剤

    ルミガン(lumigan)についての成分・使用方法・副作用
  3. ディオバン

    血圧薬

    高血圧薬ディオバン錠40mg/80mg/160mgの成分・服用方法・副作用
  4. AGA治療薬

    AGA治療薬

    AGA治療薬ってどんな薬?
  5. 低用量ピルについて

    避妊薬

    低用量ピルについての成分・服用方法・副作用
PAGE TOP