ゼニカル

ダイエット医薬品・ダイエットサプリ

飲むだけで油ものを食べなかった事にしてくれるゼニカル

飲むだけで脂肪分をカットできるゼニカル(xenical)120mgの成分・使用方法・副作用を細かくまとめていきます。

究極の薬物療法ダイエット法・ゼニカルとは

ダイエットにはいろいろな方法があります。

運動をするとか、食事中のカロリーを減らすとかいうのが通常の方法でしょう。

運動療法、食事療法と呼ばれるものです。

これらは基本的な方法ではありますが、決して易しいものではありません。

実際、失敗する人もいれば一時的には成功してもリバウンドしてしまう人もいるわけです。

こういう場合、究極的なダイエットの方法として薬物療法というものがあります。

ゼニカルの処方を受けるというのはその一つです。

ゼニカルは、スイスの製薬・ヘルスケア企業「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社」によって開発された、肥満症の治療にも処方される、経口内服型の肥満治療薬です。

病院の肥満外来でも処方されることがあります。

いったい、どのような仕組みで薬によって体重を減らすことができるのでしょうか。

効果

ゼニカルは、食事中の脂肪の吸収を阻害する働きを持っています。

食事中の脂肪は、リパーゼという消化酵素により分解されてはじめて小腸から吸収されます。

ゼニカルはこのリパーゼの働きを阻害する為、脂肪は分解されず、したがって吸収もされなくなるという、実にうまい仕組みです。

ゼニカルを飲む限り、食事中の脂肪を気にする必要はありません。脂肪分の多い、おいしい食事をしても、いわば無かったことにできるというわけです。

成分

主成分:有効成分はOrlistat(オーリスタット)120mgです。

副作用・注意点について

ゼニカルの副作用とは消化管系のものに集中しており、出る症状としては下痢を起こしやすくなったり、腹痛を起こしたり、脂肪便が出るなどです。

しかし、循環器系の症状や神経系の症状を引き起こすような副作用は際めて少ないです。

これには理由があり、一般的に薬というものは服用後に小腸から吸収されて全身循環に乗って体内をめぐり、目的とする部位に到達して効果を発揮します。

全身をめぐりますので思わぬ部位で思わぬ副作用を起こす可能性があるわけです。

ゼニカルは小腸から吸収されない為、副作用も起こりにくいという事になります。

<注意点>
勘違いされやすいのですが、ゼニカルには食欲を抑制する効果はありません。

飲み方

ゼニカルを飲むタイミングは、食中~食後1時間以内であり、食前に飲んでしまうと若干効果が薄れてしまいます。

飲み方としては、水で飲みます。

また、1日3回、食事中もしくは食後1時間までに、1錠服用とうたっていますが、これは欧米人の食生活を基準にしたもので、脂肪の少ない日本食などでは服用の必要はありません。

あくまで脂肪の吸収を抑えるもので他の効果はありません。

食べたものによって服用を調整できるというメリットもあります。

ゼニカル

ジェネリック

ゼニカルのジェネリックはオルリファストという商品です

ゼニカル

口コミ

特に運動や食事制限などはしておりませんでしたが、飲み始めて、たった1週間で2キロも落ちました!!

焼肉やあげものを食べる時は、これを飲めば大丈夫です。

ただ、肌が乾燥してカサカサしました。

脂ものをよく食べる方にはおすすめ!!

トイレに行った後、便器に油が浮いています。

ただ油ものにしか効かないみたいです。

ジェネリックは効果が落ちる感じがしたので、ゼニカルを飲んでます。

トイレにラー油みたいのが浮いてしまうので、掃除が大変です。

外出時は下着に脂が漏れてついてしまうのでナプキン必須です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. AGA治療薬

    AGA治療薬

    AGA治療薬ってどんな薬?
  2. シアリス

    ED改善治療薬

    シアリス(cialis)20mgの成分・服用方法・副作用
  3. 高用量ピルについて

    避妊薬

    高用量ピルについての成分・服用方法・副作用
  4. レビトラ

    ED改善治療薬

    レビトラ(levitra)20mg/10mgの成分・服用方法・副作用
  5. ルミガン

    まつ毛美容液・まつ毛育毛剤

    ルミガン(lumigan)についての成分・使用方法・副作用
PAGE TOP