ピルとは

避妊薬

ピルってどんな薬?

避妊薬としてだけではなく、生理不順やPMS治療にも処方されるピルについて成分・服用方法・副作用を細かくまとめていきます。

ピルとは

女性が自分で自分の身体を守る、一番確実な避妊方法がピル(経口避妊薬)です。

ピルは避妊を目的としていますが、それ以外にもさまざまなメリットをもたらす為、生理痛の軽減・女性特有の病気予防にも使われています。

ピルとは

ピルを飲んだ時のメリット

  • 生理周期を規則正しくする
  • 毎月、同じ週の同じ曜日に生理が来るようになるので、スケジュールが立てやすくなるのはもちろんの事、大事なスケジュールに生理がぶつからないようにコントロールすることも可能です。

  • 生理痛や月経前症候群の軽減
  • 個人差はありますが生理時の出血量が減少します。また、頭痛や不快感などの月経前症候群や生理痛の軽減効果も期待できます。

  • 女性特有の病気のいくつかの発症頻度を下げる
  • 子宮外妊娠の発症頻度低下、良性乳房疾患、 子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がん、大腸がんの発症頻度低下など報告されています。

  • にきびの改善
  • にきびができやすくなるピルもありますが、できにくくするものもあります。

ピルの種類について

ピルは主に分けて3種類あります。

・低用量ピルについてはこちら

・中用量ピルについてはこちら

・高容量ピルについてはこちら

ピルを飲んだ時の副作用

種類により副作用の出方も異なるので、各種類(低用量・中用量・高用量)の項目で説明していきます。

口コミ

私は昔から生理が重く生理期間中の下腹部の痛みと腰痛に悩まされていました。

産婦人科で相談したとろ、ピルの服用を奨められました。

初めてのピルで、最初慣れるまで不安でしたが、今では慣れて驚くほど生理期間が快適です。

生理痛もほとんど感じなくなり、鎮痛剤なしで過ごせるようになりました。

私は、生理の時の出血量が多く、間隔が短い為、中学生の頃から、慢性的な貧血に悩まされていました。

ピルの存在を知り、飲み始めてから、生理が驚くほど軽くなり、1ヶ月に2回来ていた生理が1回になりました。

まず、驚いたのは、出血量が減った事です。そして生理痛や頭痛もなくなりました。

今まで、大量に生理用品を使っていましたが、(生理用品の)減りが遅く、嬉しいです。

以前ピルを飲んでいましたが、ストックを切らしてしまい、3ヶ月ほど飲むのを止めていたら、

妊娠しました。やはり、ピルの避妊効果は絶大だったみたいです。

当時は焦りましたが、今は親子3人で楽しく暮らしています。

まだ2人目を産む予定はないし、最近、生理がまた不順になってきて、ニキビが出てきたので、またピルを飲み始めようと思います。

関連記事

  1. アイピル

    避妊薬

    アフターピル・アイピル(i-pill)

    アイピル(i-pill)の通販購入の成分・服用方法・副作用についてまと…

  2. 中用量ピルについて

    避妊薬

    中用量ピルについての成分・服用方法・副作用

    通常の避妊薬・生理不順やPMS治療のほか、アフターピルとしても使われる…

  3. 低用量ピルについて

    避妊薬

    低用量ピルについての成分・服用方法・副作用

    副作用が少ないといわれる低用量ピルについて成分・服用方法・副作用を細か…

  4. 高用量ピルについて

    避妊薬

    高用量ピルについての成分・服用方法・副作用

    主に生理不順・無月経などの治療で使われる高用量ピルについて成分・服用方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. ラブグラ

    女性用バイアグラ

    ラブグラ(lovegra)100mg(女性用バイアグラ)の通販購入の成分・服用方…
  2. シアリス

    ED改善治療薬

    シアリス(cialis)20mgの成分・服用方法・副作用
  3. AGA治療薬

    AGA治療薬

    AGA治療薬ってどんな薬?
  4. フィンペシア

    AGA治療薬

    フィンペシア(finpecia)1mgの成分・服用方法・副作用
  5. ルミガン

    まつ毛美容液・まつ毛育毛剤

    ルミガン(lumigan)についての成分・使用方法・副作用
PAGE TOP